福岡 レイキ講座 ドルフィンヒーリング Heven on earth

自分の心に従って自分を生きることをはじめよう

仏様にお任せ

仏さまはいつなんどきもそばにいてくださり、見守ってくださっている。だから安心してお任せをすればよい。

 

父の23回忌で住職さんが話してくださいました。

 

f:id:chhie1111:20180428223606j:plain

 

ここ最近守りの強さを実感しており、この守りがあるから自分はなくてもいいのではという考えが時々浮かんでいました。

お任せとは我をなくすという意味もあるというお話でしたが、私はまだまだほしいものも、やりたいことも、たべたいものも、人間としての欲はたくさんあります。

 

その欲をなくすというのは先に訪れるのかどうか…

 

今はなくすつもりもありません…ということはお任せということにはならないのでしょう。

 

私たちはだれでもいつでも見守られていて、それはどこかでいつも見られているということでもあり、すべてお見通しの境地でもあるということ

 

 

心清く信心して、阿弥陀仏を唱えていく…それを続けていった結果我をなくし本当の意味でお任せできるのかもしれません。

 

 

他力本願の他力とはここでは仏の力。大いなる力、ご先祖様の力、神様の守り…だれもが経験したことのある守りの力。

 

いつでもその力がともにいてくれているということだけで心強く感謝の気持ちがわいてきます。

 

 

 

お経の中には